めし: 2005年5月アーカイブ

fead5b24.JPG会社の同僚とCICADAへ。
どこの料理か不明な感じのメニューを見て、いくつかチョイス。クスクスを食べながら、アフリカ料理かな?と思っていたら地中海料理とのこと。確かに、地中海といわれると納得な内容だった。いわゆるスタンダードな西洋料理ではなく、多国籍に楽しめる形。スパイスが効いており、良い意味で奇をてらっているのだが、どれもはずれがない印象。覚えているところでは、アンチョビとオリーブの入ったサラダがおいしかった。
客層は外国の方が多く、がやがやした店内の雰囲気も含めてどこか海外のお店に来ているよう。味も日本人に迎合していない感じだし。ダークチェリー調のインテリアに、間接照明で雰囲気は良いが、がやがやしているので皆でワイワイ楽しむのに使いやすいお店。
サービスも○。スタッフが多くすぐに対応いただけたし、形式ばっているわけではないが、丁寧で心地よい対応であった。
総合的に飛びぬけて良いというわけではないが、価格から見て妥当な料理・サービスを提供しているお店。楽しく飲みに行くのに今後も使いたい。
da59163f.JPG晩飯を食べに山都へ。こちらのお店は、下北沢「なかむら」池尻「KAN」とともに中村悌二氏がオーナー。KANもなかむらもおいしいので期待して行ったのだが、味はやや期待はずれ。ただ、食べたのがソースカツ丼だったので、それだけで判断するべきではない。
接客と店の雰囲気は他2店と同様悪くないので、次回はきちんとおそばをいただくことにしよう。
c9fc3973.JPG夕食に家から近いアロッサへ。こちらはオーストラリアワインが有名なようだが、僕はそれほど飲めないので、おいしい料理を食べに行く。こちらのお店では特に野菜がおいしい。もちろんお肉や魚もおいしいのでなかなか良い。サービスはやや人が足りないイメージだが、みな丁寧に対応してくれるのでまぁ合格点。お店自体の雰囲気も地元に根ざしたきれいめな店という感じでなかなか良い。
気軽な感じのわりにはそれなりのお値段なので、コストパフォーマンスには若干だが疑問が残る。
8b5eed10.JPG本日はランチにシンポジオンへ。会社からはやや距離があるがトライ。丁寧で洗練された接客がすばらしく、印象的。料理も価格に見合ったおいしいもので、プリフィクスでの選択肢も多くなかなか良い。半地下とはいえ、きちんと光の入る設計も良く、内装も豪華で良い。ただ、若干時間はかかるのでビジネスランチとしては余裕のあるときにくるのが良さそう。
夜にも使ってみたいと強く思える良い内容は、さすがひらまつ。今度ディナーに行こう。

このアーカイブについて

このページには、2005年5月以降に書かれたブログ記事のうちめしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはめし: 2005年4月です。

次のアーカイブはめし: 2005年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。